コーヒーミル com

コーヒーミルは豆を砕いて粉状にるく器具ですけど、最近では電動タイプのものもあり便利になりました。コーヒーミルを使った時に注意したいのが、豆の量。豆は酸化しやすいのでコーヒーミルで挽く時には一度に挽く量をしっかりと調節するのが美味しいコーヒーを入れるコツ。

スポンサードリンク

コーヒーミル

コーヒーミルは豆を砕いて粉状にるく器具ですけど、最近では電動タイプのものも販売されているようです。昔はコーヒーショップに行くと、しゃれたマスターが引き立てのコーヒーを出してくれたものです。

その時に活躍するのがコーヒーミルなんです。最近では専門の喫茶店などでしか見かけなくなりましたけど、コーヒー豆から粉状にしたものから熱々のコーヒーを作ったものです。

ちなみにコーヒー豆は酸化しやすい特徴があるので、コーヒーミルで挽いた粉はすぐに使った方がいいようです。
スーパーなどの陳列棚にならぶコーヒーの粉状のタイプは真空パックになっていますよね。
あれは酸化するのを防ぐ為だとも言われています。なので、保存する場合にも出来るだけ密封して次のブレークタイムにそなえたいですね。
味が落ちてしまっては勿体ないと思います。

そういった理由から、コーヒーミルで豆を挽く時には飲む分量だけを挽いた方がいいのです。
まとめて挽いてしまっては保存するのが難しくなります。
豆の原型のままだと比較的酸化が遅いので、そういった事にも気を配りたいですね。

味も香りも楽しめるコーヒーですけど、缶コーヒーばかり飲んでいないで、時間の取れる休日にはゆっくりと読書などをしながらコーヒーミルで挽き立ての豆からできた美味しい物を飲みたいですね。
スピードが求められる現代にちょっとしたひとときを過ごすのもいいものです。

ラベル: